国家計量標準って言葉を知っていますか。簡単にいうと、国家またはある一定の経済圏で用いられる計測の標準を定めることです。日本では、計量法に基づいて長さ、重さ、温度などの標準を定める計測器を国家標準にすることが求められています。jcssは、国家計量標準を守るために制定されている制度です。独立行政法人の製品評価技術基盤機構が運営しています。ここで認定された校正業者が、認定したことを校正証明書として発行することで、国家標準の計測器であることを認めています。この国家標準に認められた計測器によって校正を受けたことが、製品を海外に輸出したりする場合に世界標準の製品であることの証明することになります。jcssをしっかり理解することが国家標準とはどんなものかをしることにつながります。

jcssはなぜ必要なのでしょうか

国家標準という言葉の重要性は、世界標準という問題とも関連してきます。計量法の国家標準を定める動きの背景には、我が国の自動車の輸出の問題がありました。世界で通用するためには、世界標準の部品の品質が求められたのです。その品質を確保するためには、世界標準の測定器が必要です。測定器の正確さを証明することが、世界に受け入れてもらう前提になります。規格に適合した製品づくり、環境等の規制基準への適合確認には、検査・測定の結果の信頼性が最も重要になってきます。計量法が求める、トレーサビリティの可能な制度が必要になりました。そんな制度を確保するために造られたのが国家標準の制定です。jcssは、国家計量標準供給制度と校正事業者登録制度の2つの制度から構成されています。

校正事業者登録制度とはどんなもの

校正とは誤りを訂正して目盛りの補正などを行うことです。その校正を行うのが校正事業者です。製品評価技術基盤機構が運営しており、検査センターが国家標準の技術を持っている業者であるかの判定をします。認定されると校正業者の登録を受けることができます。この登録校正業者に計量器の測定を依頼すると、校正証明書とトレーサビリティ体系図、計量器の成績書を発行してもらえます。国家標準に認定されるということは、世界で通用することになります。ISO国際規格に適合している機関に日本は加盟しているため、登録校正業者で校正を受けた測定器の正確さは、世界でも通用するものであるという品質を有していると認められることになります。輸出を基幹産業とする日本にとって、測定器の正確性の確保はどうしても必要になります。校正事業者登録制度は、正確さを確保する重要な役割を果たしています。