Japan Calibration Service Systemを略してjcssと読みます。Japan Calibration Service Systemとは、認定事業者制度の事を意味しており、認定事業者とは計量器の校正を行う事業所のマネジメント能力、技術能力の指標となるものです。校正とは測定機器の精度を確認するために必要なもので、製造業に携わるすべての事業所は、測定機器の信頼性を求める目的で定期的な校正を必要とします。例えば、重量を計測する計測器の中には100分の1の重量を計測する事が可能なタイプもあります。極わずかな誤差により、計量が正確に行えないのでは製品の品質に影響を及ぼす事になります。材料を配合する際に、0.1グラムの差で製品の品質が左右される場合、正確な計測を行える計測機器を使って初めて品質を維持する事が出来ます。しかし、計測機器の精度が悪く、表示された数値とは異なる場合には製品の品質に影響を及ぼす事になるわけです。

登録・認定された事業者の特徴について

測定機器や計測機器など校正は、それぞれの設備の信頼性の確認を行う上で欠かせない工程です。しかし、校正の信頼性がなければお金を掛けて校正を行っても、それが正しいものであるのか否かを確認する事は出来ません。日本の中では計量法に基づいて、長さや質量、温度などの基本量、体積を初め、力や圧力などの組立量、一部の工業量の国家計量標準がルール化されています。このルールは計量行政審議会計量標準深いの審議の中で定められているもので、校正を行う事業者のマネジメント能力や技術能力を審査する、資格に認定する仕組みが計量法に基づく認定事業者制度でもあるjcssになるわけです。尚、この認定事業者として登録および認定が行われた場合、JCSS標準・認定シンボルが付いた校正証明書を発行する事が出来る、校正を利用する企業は、校正の信頼性を得る事が出来るなどのメリットに繋がって来ます。

認定事業者として登録および認定が行われる利点とは

デジタルノギスなどの測定器は1年に1度の割合で校正を行う事が製造業に携わる側の品質維持に努める事が出来るなどのメリットに繋がります。デジタルノギスは、物体の寸法を計測するための計測器の一つで、複雑な形状をしている製品でも容易に測定が出来る事からも、高いシェア率を持ちます。図面の寸法公差通りに物づくりが行われているのか否かなどを確認するための計測器で、表示された数値を見て図面の要求事項を満たしているのか否かを確認する事が出来ます。尚、校正を行う専門業者の中でもjcss登録・認定業者に校正を依頼した場合は、認定機関により計量トレーサビリティーが確保されている、正しい測定が出来るなどのメリットに繋がって来ます。ちなみに、jcssの中では国家計量標準でもある特定標準器および特定標準物質が定められており、計量計測トレーサビリティーの階層毎に校正が行われるのが特徴です。