わたしが実践している活用法

わたしは紙袋を、郵便を出す時に使用しています。
定形の封筒に入れるには大きすぎるけれど、ダンボールにするほど大きくもないものを、郵便で送る時に紙袋は便利です。
入れるものによっては重たくて、強度がたりずに破けてしまいそうな場合もありますが、そういう時は紙袋を二重にしたり、縁の部分にガムテープを貼って補強するなどの対策をとると、破れにくくなりますから、大丈夫だと思います。
定形外の郵便で送るなら、A4サイズなどの大きめのクラフト封筒でもいいのではないか?と思う人もいるかもしれませんが、クラフト封筒と紙袋の一番の違いは、模様が入っているかどうかです。
最近の紙袋は可愛らしいデザインやキャラクターものもあるので、一色のクラフト封筒とは違って目にも楽しいし、包装紙代わりにもなると思います。
郵便配達時に汚れなければ、そのまま紙袋として使用できますし、汚れても、まるめてゴミ箱に捨てられるので便利です。
使い道がなく家の隅に放置されている紙袋は意外と多いと思うので、家の中の紙袋を効率よく減らす意味でも、この紙袋活用法はお勧めです。

どうしても溜めてしまいます

洋服などを買いに行くと、多くのお店で紙袋に商品を入れてくれます。
各お店ごとに紙袋の材質や大きさ、デザインにもこだわって作られていて、日常生活でチョット持って行くにもずいぶん役に立ちます。
その為、かわいいなと思う紙袋を見ると、捨てるのも忍びないし何かの役に立つかもしれないから、と、ついついとっておいてしまいます。
その為、気が付くとそんな紙袋がドーンと山積みになっています。
定期的に思い切って捨てているのですが、またその日からでも紙袋を溜めてしまうのでいつまでも減らず。
日常的にサブバックとして使うといっても、さすがに2個も3個も持てませんし、友人等にプレゼントを贈る時に紙袋に入れて渡すようにしているのですが、そんなに頻繁にプレゼントをするわけでもありませんし。
ただ、全く無いと結構困るんですよね。
カワイイお店の紙袋。
他の人はどのように利用しているのかな?とよく思うので、有効に使える方法をインターネットで一度検索してみたいと思います。
お店を知ってもらうのに紙袋は大事なツールです。ありきたりな袋じゃどこの店かわからないですよね。せっかくならオリジナリティの高い袋を作りませんか。