手作りで楽しく

紙袋の代表格は、ショッピングバックです。
デパートや商店のものは宣伝にもなるし、思い思いの気持ちをのせて、自分のつくった紙袋が町を動いている様子を想像すると楽しくなります。
オリジナルのものを作って持ちあるくことも楽しいことの一つです。
お気に入りの包装紙やしゃれた新聞紙で作るのも楽しいです。
写真をいれるのも良いものです。
使っていて角が汚れたものはちょっと失望します。
いつも綺麗な角を気にして使っていたいです。
ハンドルも創意工夫して、バックとの色合わせや材質も楽しめます。
お気に入りのポスターなども良いのでは?。
大きくて厚手のものが手に入ったら早速つくります。
町を歩いていても他人の視線が気になります。
ちょっと自慢したい気持ち、これってドヤ顔しているかもしれません。
木綿の生地を使って洋服とお揃いだったり、コーディネートさせたりと、夢が際限なく広がります。
大小同じものをつくって子供と並んで歩く姿が、楽しく想像できます。

保管量

家の中を整理していると、いろんなものが出てくるものです。
その中には完全にいらないものや、捨てるのにはなんだかもったいないものなどいろんなものがあります。
例えば、捨てるにはなんだかもったいないものと思ってしまう代表が、紙袋かもしれません。
何かで使うだろうと思い、そのまま保管しているのですが、結局使い道がなかったりするものです。
しかし紙袋いうのは、作りもしっかりとしていて頑丈なものもたくさんあります。
ですので、余計に使い道がありそうと思い、取っておくことになるのです。
とはいえ結局使うことないままに何年も家の中で眠っているのであれば、結局はいらないものということになります。
ですのでそういったものはいつまでも保管しておかずに、処分することを考えたほうが良さそうです。
そして紙袋は何枚以上たまったら処分するとか、使い勝手の悪そうな紙袋は処分すると言った風に、自分の中で保管しておく基準を決めておいた方がいいものだと思います。