jcssはJapan Calibration Service Systemのことで、計量法校正事業者登録制度です。経済産業大臣から権限を与えられ、独立行政法人である製品評価技術基盤機構認定センターが、計量・計測機器の校正事業を行う事業所の特定校正分野における能力などを審査し登録するシステムです。登録事業者は国家計量標準にトレースする校正を行う事業者で、認定センターによって一定の能力が認められたという信頼性の高い事業者となります。登録事業者から校正を受けた事業所の計量・計測機器における信頼性に繋がったり、校正証明書の提示によって、校正を受けた計量・計測機器が国家計量標準にトレースしていることを対外的に証明することができ、信頼性を得ることが可能です。

トレーサビリティにおけるいくつかの要素

一般的に、トレーサビリティの要素はいくつかに特徴づけられています。例えば切れ目のない校正の連鎖において、国家や国際標準である団体に容認されている標準に遡ります。測定の不確かさにおいて、トレーサビリティの連鎖の段階で、測定の不確かさは合意された方法に従って、計算され全体の連鎖での総合的な不確かさが計算されたり、推定できるよう記載されなければいけません。文書化において、連鎖の各段階は文書化され、認知されている手続きによって実施したり、結果は記録されます。能力において、連鎖での1つ以上の段階を実施する試験所や機関は、その技術力に関する証拠を提示しなければいけません。国際単位系への参照において、比較の連鎖は可能ならSIを実現する一次標準で終わらす必要があります。校正周期において、適切な間隔で再校正する必要があり、これらの間隔の長さは変数の数などに依存します。

国際的な校正として認められています

jcss校正はさまざまな国際マネジメントシステムの要求事項に対応しており、国際標準化機構の各種マネジメントシステムにおいて、監視及び測定のために用いる装置の国際・国家標準にトレースすることができる計量・計測機器管理を確保することが要求されています。例えばISO9001品質マネジメントシステムや、ISO14001環境マネジメントシステムなどにおいて規定されています。jcss標章付きの校正証明書を提示すると、このような法制度や要求事項に対して、計量・計測機器が国家計量標準にトレースしていることを証明することが可能です。国際的な校正として認められていて、ILAC/APLAC MRAに署名しており、世界各国で校正が信頼されています。世界中のどこでも受入れられる状況、いわゆるOne Stop Testingの達成に近づきつつあります。