jcssの基礎知識を学ぶことでビジネスが有利に

ビジネスにおいて、自社製品の品質を正しくアピールすることは重要です。製品の品質を証明するためには適正な検査を行って収集したデータを提示することが大切ですが、そのデータを測定する際に使用した測定器自体の精確さが担保されなければ信頼できるデータは得られません。測定器の精度や機能、働きの現状を確認するのが測定器の「校正」です。測定器は国家標準器と比べトレーサビリティ(追跡可能性)が確立されていることが求められています。日本における計量器の校正に関わる制度は「計量法トレーサビリティ制度(jcss)」があります。計量標準供給制度と校正事業者登録制度という2つの制度からなっています。校正に必要な国家標準器の提供を行うのが計量標準供給制度です。経済産業大臣に代わって、校正事業者登録制度を運用しているのが、独立行政法人製品評価技術基盤(NITE)です。その配下にあり業者の適合性認定分野を担当する認定センターがIA Japanです。

ビジネスに必要な校正の重要性とは

現代は国際取引が当たり前の時代ですが、海外との取引において校正証明書の提示が求められるのはもはや常識になっています。jcss校正を受け審査基準を満たすことによってjcssシンボル入りの校正証明書を発行してもらえます。校正のジャンルは24に分かれており、NITEのサイトにおいて登録業者の一覧を見ることができます。登録業者に校正を依頼しようと思ったら、まずは見積もりを出してもらいましょう。複数の業者から見積もりを取った上で、最も適切な業者と契約を締結し正式に依頼します。校正は業者が持ち帰って行う他に、現地で実施する方法もあります。自社内で校正を行うこと自体は出来ますが、校正実施者は資格を持っている必要があり、資格取得や校正実施の手順について社内での制度作りが求められます。実施方法や記録方法、それを判定する者の選定なども規定に従って厳正に進めることになりますが、このような手順を踏んで行ったとしても、第3者が関与していないことから国際取引においては適正な校正と認められることは無く、ただの点検と見なされてしまうのです。

国際基準を満たした校正を行うために

NITEは1999年にアジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)との、2000年には国際試験所認定協力機構との相互承認(MRA)への参加を表明し署名しました。これによって加盟国間の取引においては2重検査の無駄を省くことができ、一度の校正で国際的な承認を得られることになったのです。NITEが国際基準を満たすと認めた校正事業者を利用することで国際MRA対応jcssシンボル付きの校正証明書を発行してもらうことが可能です。これは国際MRAに加盟した国家内では、国際的な基準を満たしているというお墨付きとして使用できるものであり非常に有効です。もしも国際取引を視野に入れたビジネス展開を目指すのであれば、製品の信頼性を確保しスムーズな取引をするために、国際MRA対応の校正事業者を利用して校正証明書を取っておくべきと言えるでしょう。

計量、計測関連団体が集まる国内最大級のフォーラム、計測標準フォーラムを開催しますが、今回は自動車関連の計測がテーマです。 対象エリアは、北海道と東北と中部と北陸と関西と中国と四国と九州と沖縄地方で、それぞれ支社があります。 ただいまお得なキャンペーンにより特別料金で提供していますのでお気軽に見積もりのご相談承っております。 jcssについて詳しく知りたい方はこちら!